エンジン工具の健康診断

エンジン工具の症状はスパークプラグで判断します

体調を診るのにお医者さんに行くと、まず聴診器で診察されるように、

エンジン工具の体調は、まずスパークプラグの焼け具合で診察します。

上図はスパークプラグの焼け具合をグラフにしたものです。

カジュアルユーザーさんに多いのは、”くすぶり”

チョークシャッターを開くタイミングが遅い(初爆を聞き逃す事が多い)、

もしくは、フルスロットルで使用していない事で”くすぶり”が多発します。

「かぶった!」というワードはこの事。※空気に対して燃料が多くなりすぎる症状

チェンソーは基本的にはフルスロットルで使用します。

※STIHL Mトロニック搭載機種は絶対にフルスロットルで使用してください。

他にも”くすぶり”の原因はありますが、今回はカジュアルユーザーさんが多く陥る症状についてのみUPです。

追伸:オシリが冷たい季節です。椅子の上に切株クッションいかがですか?

関連記事

STIHL MS150TCE チェンオイルタンク破損
樹液(ヤニ・シブ)の清掃について
チェンソー目立てと清掃講習会開催
STIHL刈払機のドライブチューブの違いについて
斧柄交換
エンジンカッターでよくある症状
ソーチェンの張り方
チェンスプロケットの点検