ソーチェンの構造

STIHLソーチェンは3リンクチェンであり、常に同じ基本パターンで組立てられます。

カッターの形状および個々のリンクの寸法が異なっています。

1:ドライブリンク

2:タイストラップ

3:左側カッター

4:右側カッター

5:セーフティドライブリンク

ソーチェンは、ドライブリンク(1)、タイストラップ(2)、左側カッター(3)および右側カッター(4)で構成されます。

キックバックの発生頻度が低いソーチェンには、セーフティドライブリンク(5)があり、名称記号の数字3で識別されます。(例、36 RS3)

 

ソーチェンをお求めになる際、必要な情報は

・カッター形状

・ピッチ

・ドライブリンクゲージ

・コマ数

の4種類です。その内”コマ数”は、上記表のドライブリンク(1)の数になります。

カッター形状、ピッチ、ドライブリンクゲージは後回に説明します。

 

関連記事

STIHL MS150TCE チェンオイルタンク破損
樹液(ヤニ・シブ)の清掃について
チェンソー目立てと清掃講習会開催
STIHL刈払機のドライブチューブの違いについて
斧柄交換
エンジンカッターでよくある症状
ソーチェンの張り方
チェンスプロケットの点検