ソーチェンの特性 その②

今回はチェンのピッチドライブリンクゲージについての説明です。

チェンのピッチ

個々のチェンリンクの寸法は互いに関係しています。カッターおよびその他のチェンリンクのサイズは、チェンピッチによって決まります。

チェンのピッチはインチで表します。数字が、各カッターのデプスゲージのエリアに刻印されています。

数字とピッチの関係性は次の通り

※ピコはロープロファイルを表します。

ピッチは1つのリベットの中央から1つ離れたリベットまでの距離(a)を測定して、測定値を2で割って求めます。その結果がピッチ(インチまたはミリメートル単位)です。

(例えば 3/8″ = 9.32mm)

3つのリベットにわたって測定する必要があります。その理由は、ドライブリンクおよびカッターまたはタイストラップで、リベットの中心距離が異なることがあるからです。

ドライブリンクゲージ

ドライブリンクゲージは、ソーチェンを特定のガイドバー(溝幅)に割り当てる寸法です。チェンがバーに正確に適合するように、ガイドバーの溝幅と一致する必要があります。ドライブリンクゲージはミリメートル単位で表します。

この寸法の最後の数字(矢印)はすべてのドライブリンクに刻印されています。

刻印されている数字は、小数点以下第一位を表している為、

“1”と刻印されていれば、1.”1″ →(1.1mm)

“5”と刻印されていれば、1.”5″→(1.5mm)

という事になります。

関連記事

エンジンカッターでよくある症状
ソーチェンの張り方
チェンスプロケットの点検
ガイドバーの整備 その③
ガイドバーの整備 その②
ガイドバーの整備 その①
ソーチェン目立時のヤスリの選択
ソーチェンの特性