ソーチェンの張り方

適切なチェンの張りは、カッティングアタッチメントの寿命に決定的な影響を与えます。そのため、定期的に点検する必要があります。新しいチェンが伸びることは普通です。たとえ工場での「プリストレッチ」により軽減されても、やはり伸びます。チェンの張りを頻繁に点検および調整します。

張りが適切なチェンは、バーの下側に軽く触れ、チェブレーキを解除すると、手でバーに沿って引くことができる必要があります。

カービングガイドバーを使用するときは、チェンの張りをわずかに弱める必要があります。この場合、ドライブリンクの半分がバーの下側から見える必要があります。

これは、非常に幅が狭いバーのノーズ半径やチェンの張りが強すぎる場合に生じる非常に高い負荷によります。

以下はその他のガイドバー全てに当てはまります。ソーチェンがガイドバーの下側でたるんでいる場合、チェンを張り直します。

ソーチェンの張り方に関する詳細は、あらゆるSTIHLチェンソーマニュアルに説明されています。

 

関連記事

STIHL MS150TCE チェンオイルタンク破損
樹液(ヤニ・シブ)の清掃について
チェンソー目立てと清掃講習会開催
STIHL刈払機のドライブチューブの違いについて
斧柄交換
エンジンカッターでよくある症状
チェンスプロケットの点検
ガイドバーの整備 その③