STIHL刈払機のドライブチューブの違いについて

STIHL刈払機の主力商品であります、FS23、FS24、FS25、FS26。

違いは?と尋ねられることが多いです。

①排気量の違い

FS23とFS24は、排気量:21.4㎤

FS25とFS26は、排気量:24.1㎤

②ドライブチューブ剛性の違い

FS23とFS25は、通常のドライブチューブ(エンジンからヘッドまでの棒の部分)が装着されています

FS24とFS26は、硬いドライブチューブが装着されています

ドライブチューブ剛性の違いで質量もやはり重くなります。

チューブを切断して写真を撮ってみました。

写真上は、FS23とFS25です。ドライブチューブの厚みは1.0mm

写真下は、FS24とFS26です。ドライブチューブの厚みは1.5mm

中に見える白い物体がフレキシブルライナーと呼ばれるものでドライブシャフトを保護する働きがあります。

このフレキシブルライナーも形状が違うのも分かると思います。

より剛性を高めているのが写真から見て取れますね。

 

関連記事

樹液(ヤニ・シブ)の清掃について
チェンソー目立てと清掃講習会開催
斧柄交換
エンジンカッターでよくある症状
ソーチェンの張り方
チェンスプロケットの点検
ガイドバーの整備 その③
ガイドバーの整備 その②