STIHL MS150TCE チェンオイルタンク破損

MS150TCEのチェンオイルタンクはエンジンハウジングを利用しており、カジュアル機のようにタンクが独立していません。(取り外し可能ではない仕様)

その為、エンジンハウジングに亀裂が入り、チェンオイルが漏れ出す場合、ハウジングの交換になります。

上写真の亀裂は、チェンソーを落下させた際にクランクケースと干渉したときにできた傷と思われます。

そこからチェンオイルが漏れてます。

エンジンハウジング交換します。

スタッドボルトを取付け、ハーネス類とエンジンを搭載します。

フライホイール、イグニッションモジュールを搭載

スプロケット、クラッチを搭載

キャブレター搭載

スプロケットカバー、ファンハウジング、フィルターカバーを取り付け完成です。

くれぐれも丁重に扱ってくださいませ

関連記事

樹液(ヤニ・シブ)の清掃について
チェンソー目立てと清掃講習会開催
STIHL刈払機のドライブチューブの違いについて
斧柄交換
エンジンカッターでよくある症状
ソーチェンの張り方
チェンスプロケットの点検
ガイドバーの整備 その③