鳥取ストーブの薪ストーブアフターメンテナンスサービス

鳥取ストーブの薪ストーブアフターメンテナンスサービス(イントレピッドⅡ)

こんにちは鳥取ストーブの田淵です。
本日は毎年オフシーズンに行う薪ストーブメンテナンスの基本形な流れをご紹介していきたいと思います。

その前に、鳥取ストーブが考える

「薪ストーブライフをより安全・快適」

に楽しんでいただくための基本をお伝えいたします。

1. 【最適な設計施工】

・最適なドラフトを得るための煙突設計。
・防火、安全最優先の確実な施工。(ストーブ、煙突部の不燃処理含む)
・躯体の熱乾燥による住宅性能の低下、躯体強度に影響を及ぼさない設計。

2. 【最適な燃焼管理】

・ストーブの特性を理解した上で空気量、温度調整を適切に管理する。
・含水率20%未満のしっかり乾燥をさせた薪を使う。
・300度を超える高温での長時間運手を避ける。

3. 【アフターメンテナンス】

・1シーズン最低一回煙突の煤やタールをこそぎ落とし、きれいな煙道を確保する。
・冬に暖かさの提供にがんばってくれたストーブに感謝しつつ、シーズンオフには内部の分解清掃。触媒の目詰まり、灰やススを徹底除去する。
・錆やホーローの欠け、煙筒の汚れ等清掃の上リペア塗装を。
・ガスケットや触媒等消耗部品、運転に関わるパーツはすべて点検し、必要に応じて交換する。

薪ストーブライフにおける田淵金物が考える3つの基本のうちの1つである、アフターメンテナンスについて事例を基に説明をさせていただきたいと思います。

Case1 入母屋施工の場合

こちらのお宅は昨年の5月に設置させていただき、約6カ月程度毎日薪ストーブを焚き続けられた煙突とストーブのメンテナンスになります。

先ずは畑上君担当ストーブメンテナンスです。

とにかくバラセルだけばらして、ストーブ内部の灰や煤を徹底的に除去清掃します。
サビは真鍮ブラシでこそぎ落としてサビ防止のオイル系リムーバーを塗り込みます。

ガラスも出来る限り綺麗に磨いて、最後はガラスクリーナーで拭きあげます。


ストーブ内部の残っている灰は産業用集塵機で徹底的に吸い取ります。
※くれぐれも家庭用の掃除機はご使用にならないようにしてください。細かい灰がフィルターを目詰まりしてモーターモーター部に侵入してベアリングがロックしてしまうケースが多発します。

その合間に田淵は、せっせと室内のシングル管を分解分解。

案の定ハードに炊き続けられた煙突の内部はなかなかのススの量ですね。内部の煙筒も出来る限りクレオソートをこそぎ落とします。

クレオソートは空気を絞って薪をゆっくり燃焼させると発生しやすくなります。煙の濃度が高い、または排気の速度(ドラフト)が遅く、煙が130°以下に冷えると煙突内に蓄積する有機タールです。このクレオソートは揮発性で、一定の温度以上に加熱されると煙道火災を起こす恐れがあります。
このお宅は夜寝る前に薪を補充して空気量を絞り火持ちを長引かせ、翌朝に燠火(火勢が盛んで赤く熱した炭火)をつくっておいてすぐに燃焼する状態を作っておられました。一般的なストーブの運転になりますが、クレオソートが発生しやすくなります。案の定でしたが、なかなかのススとクレオソートでした(笑)
室内の煙筒もしっかり掃除しておきます。

そしてこの施工パターンだとトップからの掃除を選択します。2度30℃で曲げられていますので、下側からの煙突ブラシは厳しいですね。
屋根に上がってトップと断熱円筒1mを外します。外した両部材もきっちり掃除してあげます。


そして、いよいよブラシの投入です!

上から下へ重力に逆らわずにブラシを下げていきます。
今回はスクレーパー能力の高い鋼製のブラシをチョイス。いったり来たり3往復させて煙道を綺麗に掃除しました。

そして取り外したトップ付きの煙筒を元に戻してよいしょ。

ワンシーズン頑張ってくれたイントレピッドⅡ君。一先ず11月頃まで綺麗な体でお休みください。

今回はスムーズに進んで2時間で任務完了しました。その足で田淵金物ファームマート店の煙突掃除も済ませてしまいました。案の定毎日焚き続けているストーブですが、まっすぐ6mで300φのスーパー断熱煙突です。ドラフトの勢いがかなり良いですのでススがものすごく少なかったですね。


最初の日本家屋は30°で2回曲げている分煙の抜けが悪い分ススが着きやすくなってしまいます。正に対照的な煙筒掃除でした。

鳥取ストーブでは、快適で安全なストーブライフを送っていただくために、
大切なストーブをより長く、快適に、安心してご使用いただきたい。
そんな想いから、販売施工だけではなく、ご購入後の掃除・保守点検・修理等、アフターメンテナンスサービスをご提供させていただきます。

当店ご購入のオーナー様以外でも、対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。
※ただし設置状況(他社の設計施工内容)に応じてはお断りすることもございます

鳥取ストーブのストーブメンテナンス料金について

□フルメンテナンス【基本料金】¥35,000 (税別 エリア10km以内)

 サービス内容
【本体】分解点検・調整・清掃・修理※パーツ代別途必要に応じて
【煙突】煙突掃除・外部、内部点検・調整・清掃・リペア塗装
    (※部品交換・修理の際は、別途費用要)         
________________________________________

□本体メンテナンス 【基本料金】¥20,000 

 サービス内容
【本体】 分解点検・調整・清掃・修理※パーツ代別途必要に応じて

    (※部品交換・修理の際は、別途費用要)
________________________________________

□煙突掃除 【基本料金】¥20,000 

 サービス内容
【煙突】煙突掃除・外部・内部点検・調整
    (※部品交換・修理の際は、別途費用要)
________________________________________
 

□早期予約割引

【9月末までにご予約を頂いた場合】
メンテナンス料金より -¥2,000引き
※10月以降のメンテナンスのご予約につきましては、
早期予約割引き適用外となりますので、ご了承願います
________________________________________

□オーナー割引き

【当店でストーブをご購入設置を頂いたユーザー様対象】
メンテナンス料金より -¥5,000引き
更に弊社より導入いただいた初年度メンテナンス料 -¥10,000引き
 ※上記割引は早期予約割引き期間での、お申込みの際に限ります
________________________________________

出張料について

□ 片道10Km以内の距離
 基本料金に含む
□ 片道10Km以上の距離
追加距離10Km毎に¥1,000プラス
□ 離島等の場合
 交通費(航空運賃・フェリー代)・宿泊費実費請求となります。

関連記事

STIHL スチール新商品速報!片手で使える超小型バッテリー式チェーンソーGTA26近日発売
薪ストーブのお手入れ その1:ガラスの掃除
薪ストーブの施工って?… 鳥取ストーブproduced by田淵金物 施工事例 case Y様邸/新築後施工壁出し設置
薪割機好評レンタル中です。
薪ストーブの燃焼方式について
「薪割り機レンタル」サービス開始のお知らせ